« オリンパスの社長が菊川氏から | メイン | CP+に関しての与太 1 »

2011/02/10

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

masa

社長が変わる予定でこれだけの赤字を出していると4月から方向転換される可能性ありますね。
外人は容赦ないですからね。。。
悪い方向に行かなければ良いのですがね

Hiro_Sakae

masaさん、
この辺は、ただフォーサーズの置かれている現状としてはこれ以上
悪くなりようがないですから(笑)そう言う意味では失うものは
何も無いわけで、
何か変わればいいなとは思います。

メイドCR-Z

イメージング事業の売却もしくは撤退という最悪のシナリオがこなければいいんですが…

目標である新規ユーザー層の開拓ができてないのはおろか、既存のユーザーも棄てるという、まるでどこかの政権党のような自滅路線

どっちも買ってる私はどうすりゃいいのさw

とりあえず、MFTレンズはパナにボディー維持してもらうとして、FTは…ゆっくり貯金して竹ズームそろえよう

としのぶ

こちらは散財する覚悟で、新機種・新レンズを首を長くして待っていたんです。
いくら収益に協力したくても、協力させてもらえないでおいて、それで赤字って言われてもねえ。
とにかく新しい外国人社長に最後の望みをかけたい心境です。

八王子の駄馬

昨日CP+へ行って参りました。
決算が示すとおりなのか、展示方法・内容はほとんど昨年と同様。E-5の分解展示はありましたが何も感じませんでした。
変革期にはこんな状況もあるのかも知れませんが、どうでしょう?もつのでしょか?
「販売方針を変える→新ラインアップが揃わない→旧製品の消費者が食いつかない→新ラインアップの展開につまる→何もかも魅了を失う→売るのをやめる」
こんな、何処かで見た記憶がある展開は、やめて欲しいものです。

Hiro_Sakae

メイドCR-Zさん、まあマイクロはその辺は
パナもアクティブにやってくれていますから安心なんでしょうね。

Hiro_Sakae

としのぶさん、ぶっちゃけ私もそう思います。
そもそも、マイクロからフォーサーズユーザーの熱い要望の末
というものでもありませんし、、
出してもらったらZD100も買うのでしょうが、、
もっとも、去年からニコンの方にその分いってしまったので
今来てもなあというのはありますけどねえ。

Hiro_Sakae

八王子の駄馬さん、
いや、本当に様子見で両方そこそこ平行するならともかく、
どういう戦略の元に、こんだけ短期間にフォーサーズを
シュリンクさせたのかは理解に苦しみます。

Eeican

為替の影響が大きいのではないでしょうか。自動車と似た産業構造かもしれませんが、
自動車では欧米は少なくとも現地生産ですし、東欧、新興国で生産し直接、他地域へ
輸出しなくては持たなくなってきているのではと思います。
このあたりは、新社長の経営課題だと思います。
しかしながら秋葉原での中国人は、made in Japanを確認していますからジレンマもありますね。
いずれにしろ日本が黒になったのは、立て直す良いきっかけではないでしょうか。
他のカメラメーカも同様の課題をかかえていますので、経営統合、あるいは共同開発の
ようなものが進展するのではないでしょうか。

おりすけ

いまのオリンパスイメージングの状態って、ゴーンさんが来る前の日産みたいなモンでしょうかね。
ゴーンさんはコストカッターとして辣腕をふるった一方で、意外にも自動車好きでした。いまZやGT-Rが残っているのは、ヨーロッパの自動車の価値観の範囲内で改革をしたということのように私には見えます。オリンパスの新社長は、カメラ好きでしょうか?もし、OMのファンであるならば、起死回生の一発も期待できようというものです。まあ、逆の危機感も同じようにあるわけですが・・・。内視鏡マニアだったりして(笑)。

Hiro_Sakae

Eeicanさん、
私も為替の影響は否定できないと思いますが、それは例えばキヤノン
やニコンとて同じ影響を受けていると思うので、それであれば他社は
もっとすごい勢いで海外で売れまくったと言うことになりますし、

中間決算で減益の要因にマイクロへの投資があげられていますから、
日本に限るとこれらの投資の出費比率はむしろ高まるので、赤字が
大きい気もします。
つまるところ、この期間に一番投資を行ったのがマイクロであることは
間違いないので、損益的には必ずしも成功しているとはいえないところが
辛いのではと思いますね。

Hiro_Sakae

おりすけさん、
ゴーンさんは自他共に認める車好きでしたけど、

新社長はご経歴もそれからリリースにある趣味から見てもカメラ
好きを思わせるものは何もないですよねえ。

@@

大概、金に余裕のある時は浪費と周囲の意見を聞かぬ振る舞いをし、危なくなって来たら金を抑制して守勢となり、貧しくなったら切り捨てる。企業も個人も一緒。

レンズ交換式デジカメに関しては釈迦に説法なので控えますが、深刻なのはコンパクトデジカメ。他社のGPS搭載・高倍率ズーム・オシャレなデザインとカラーリング・明確な広報。オリンパスは企業イメージのCMしかやっていませんから、商品としての知名度は右肩下がりでしょう。特に、ミラー付きデジタル一眼レフに至っては、「オリンパス使ってます」と言うだけで「ハァ?」という返答が殆どです。

良い所を積極的にアピールせず、強い所を更に伸ばす前に、弱い所から埋めて行く。これでは、勉強は出来るけど、仕事させたら何も出来ない、平均点を拾う事に長けた者そのものです。

Hiro_Sakae

@@さん、
個人的には、いくらなんでも(特に国内は)マイクロに傾斜しすぎ
たんではないのかなあという気がしますね。
コンパクトからのステップアップを狙うといってもそもそもステップ
アップさせるコンパクトの基盤自体が他社に流れていては意味がない
と思いますし、、

折角ステップアップしても、ステップアップしてもキットレンズに+
一本ぐらいで収まるならDSLRでいうレンズを売ってというおいしい
ビジネスが出来るわけでもありませんし、BCNランキングを見ても
マイクロの交換レンズではパナにおいしいところもって行かれている
感じがしますからねえ。(尤も、パナのレンズのほうがオリ、パナどち
らのボディでもぶれ補正が効くというのもあるとおもいますが、、)

おまけに、ものさえだせば必ずお布施をしてくれる固定層のいる
フォーサーズはE-5だけで、ボリュームゾーンを支えている
E-xxx系は切り捨てですからねえ。

この記事へのコメントは終了しました。

他のサービス